So-net無料ブログ作成

野球選手のタイプ別指導法セミナーのお知らせ [セミナー]

胸郭主導型トレーニング・しなり体操 (胸式腹式トレーニング) 
野球選手のタイプ別指導法セミナーのお知らせ
 
 
ピッチングフォーム・バッティングフォームの正解って何でしょう?

以下のようなフォームを見かけていませんか
 
 
<投手>
軸足がしっかり地面を捉えてぶれないフォーム
軸足で回転して横に倒れるフォーム
投げ終わった後前に飛び出すようなフォーム
 
どのフォームにも一流と言われるピッチャーがいます。
  
  
<打者>
重心を前に移動しながらアッパースイング
重心を低くしてコンパクトスイング
後足を軸としてその場で鋭いアッパースイング
 
どのフォームにも一流と言われるバッターがいます。

  
これらの選手の体の使い方の特徴ってなんでしょう?
どういうところをチェックしてどういうトレーニングをするとベストなのでしょう?
 
胸式、腹式とタイプを大きく分けて考えると答えが見えてきます。
肘・肩・腰をよく痛める選手の理由がわかるかもしれません。
指導されていて動きというものを複雑に感じているのであれば異なる二つのタイプを理解していないからではないでしょうか。
まったく違う体の使い方と言っても良いものを同じように指導していると上手くいきません。
 
また体の使い方のタイプによって違う思考パターンの傾向がみられます。
選手への指導、対戦チームへの戦略に役立ちます。
 
ジャイアントキリングを起こしたり、更に安定した強いチーム作りに必要な知識を是非習得してください。

  
 
「胸郭主導型トレーニング(胸式腹式トレーニング)・しなり体操 野球選手のタイプ別指導法セミナー」
 
場所 所沢スポーツケアセンター
 
講師 井口哲也(同代表)
 
講習費 30000円 
 
講習時間 4時間
 
日時 2018年3月18日13時~17時
 
( ビデオ撮影、セミナー内容の公開は禁止とさせていただきます)
 
野球の指導をされている監督・コーチ、または野球選手が対象となります。
しっかりお伝えするために今回は先着8名とさせていただきますので現在の指導法に疑問を感じていたり、進化を望んでいる方のみご参加ください。
 
詳しくはこちら


nice!(0) 

nice! 0

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。